はい!お父様お兄様がたお待たせしました!
今日は実際の店舗紹介です!
順番が逆だろと怒っているバンコクナイト初心者の方大丈夫です!
まずはここに行ってみましょう!!!

 この記事を書くにあたって私の秘蔵っ子のお店を紹介するということは
お気に入りのお姉ちゃんへの対抗馬様の出現可能性が出てくるのですが、
先日遊びに行ったらファラン(タイ語で西洋人・白人)の方が多数!
日本男児のグループは2、3つ程度。
日本男児よ負けるな!もっと日本男児で栄えて欲しい!と思ったからです。

と、前置きが長くなってしまいましたが。

今回突入したお店は、プラチャウティットのエロエロコヨーテ!
The PIMP Exclusive Club
PIMP1

で、あります。私のバンコクナイトスポット一押しです。
会社のグループで行ったり、噂に聞いた事がある方もいるのではないでしょうか?

営業形態はコヨーテと呼ばれている物に近いです。

こんな方におすすめ!
・ゴーゴーのお姉ちゃんには飽きた、もっと容姿クラスが上のお姉ちゃんと遊びたい方
・お酒1杯だけ飲んで、後はホテルになんて味気ない、飲むのメインで遊びたい方
・若干お高いですが、1つ上のサービスやエンターテイメントを楽しみたい方
・会社のエロ接待に下品なところではなく、高級感のあるお店をお求めな方

総合評価 ★★★★★
料金価格 ★★★☆☆
サービス ★★★★★
女の子  ★★★★★
言語   ★★☆☆☆
交通   ★★☆☆☆


お気に入りナンバー1というこで総合評価はマックス!
5年バンコクで夜遊びをしてきましたが、バンコク1といっても過言ではありません。
価格はExclusive Clubなので少しお高めです。

しかし、サービス・女の子の質はそれに見合ったものとなり、
動画のように店舗の中では夢のような空間が広がっています。
水着(より過激な衣装を着た)のお姉ちゃんの並んだ姿は圧巻!
その中から好みの子を隣につけてイチャイチャします。

ただ日本語を喋れる女性の方は少数であり、グループの中に
英語やタイ語が中学生レベルぐらい喋れる、通訳してくれる方
がいないと意思の疎通が若干厳しいかも?
私はどちらも決して上手くないですが1人でいつも遊びに行ってます
が十二分楽しめています!

ただ、プラカノンとバンコクの中心部から離れているのが若干残念。
お忍びには良いのですけども…。

そんなPIMPの遊び方と料金体系をご紹介!
私自身ここの常連でLINEでママさんに確認しながらまとめましたので、
信憑性は自負しております!


簡単な遊び方
①店舗の前につくと黒服を来たお兄さんやお姉さんがいるので受付。
自分が飲みたいお酒を選びましょう。
グループで行くならば黒ジョニー1本いれるとお値打ちだと思います。
非会員・予約しなくても入れます。

②席に着くとテーブルチャージとしてフルーツの盛り合わせ(250B)が
運ばれてきます。頼んでないよ!って方も日本でいうところのお通しなので
入場料と考えましょう。

③マネージャー(ママさん)がやって来て女の子を並ばせてくれますので、
好みの女の子を選びましょう。初めての場合はその光景に圧巻されます!
女の子をつけると発生する料金は下記にて。
女の子を2人つけるとボックスのソファー席
女の子を3人つけるとさらに大きくレースで仕切られたソファー席を使用する事が可能です!
もちろん1人で何人もの女の子をつけてもok!
気に入った子がいなければステージを見てるだけでも楽しめるので、無理につける必要はないです。

④あとは楽しく女の子と飲みましょう!
ジャンケン一気飲みをするもよし、ゴーホー(タイのサイコロを使った遊び)をするのもよし
腰の上に乗ってもらって踊ってもらうもよし…
お触りももちろんアリアリですよ〜!

一晩1500B〜借りられるカラオケやビリヤードが付いたパーティールームもあります、
3人、6人、12人ぐらいの用途別の大きさに別れておりグループで使用するのも良いですし
他のお客様の前ではできない様な、さらに過激なサービスも…。
「VIPルーム」や「カラオケルーム」と言えば伝わります。

⑤帰る時は、「チェックビン」と言えばok。
楽しめたらならばそれに見合ったチップを渡しましょう。
7%のVat(タイの税金)とサービス料は別途なのでご注意です。
女の子のお持ち帰りは一応できますがペイバー(お店に支払うお金)はお店相応で高いです。
しかし、基本不可である子が多いので執拗な交渉は御法度です。



ご予算だいたいの目安
初見コース       1000B〜    ビール1杯ぐらいでどんな場所か知りたい方
ボトルコース      7000B〜       ボトル1本2時間ぐらい女の子つけて遊びたい方
朝まで豪遊コース  30000B〜      複数女の子をつけて朝までワイワイ・ワッショイ!

遊ぶのにベストな時間帯
22:00〜01:00
また木曜日は何かしら
スチュワーデスデー(コスプレ!)
アマゾンデー(ヒョウ柄のビキニ!)
ゴルフデー(後ろから…ホールインワン!)
のようなイベントをやっていますのでおすすめです!

また月1ぐらいでタイの有名なバンドや歌手の方も呼ばれています。
POTATO,ネコジャンプなども来ていました。
10月28日にはちょっと自分は知らないですがParadoxが来るそうです。
10616217_10152736910254500_2021252288912392613_n


料金価格
お酒の種類も豊富で価格も様々なので、
特別に許可してもらいネットへのアップもokということで写真で説明。
PIMP3

正直なところ決して安くはありません、
しかし、
10000BでBlackLabel4本とミキサー代がフリーで3ヶ月間有効
20000BでGrayGoode6本とミキサー代がフリーで1年間有効

といった、メンバーシップのプロモーション価格もあります。
メンバーでないとボトルキープはできないのでご注意ください!

気になる女の子を座らせると発生する料金ですが、
ビキニの女の子が    start 1800B 30分ごとに1杯360B
ビキニ外の女の子が   start 1080B 30分ごとに1杯360B

上記のメンバーシップによってボトルキープを入れると
ビキニの女の子が      start 1500B  30分ごとに1杯300B
ビキニ外の女の子が  start 900B    30分ごとに1杯300B

と、初期費用と30分ごと1杯ドリンクを頼んでもらうシステムとなっております。
ゴーゴーバーやカラオケみたいに30分に1ドリンク以上をせびってくる女の子は
いないのでご安心を。
ただ、1杯と書いてありますが、女の子も自分がいれたお酒を一緒に飲む形であり
女の子にドリンクが来る事はありませんのでご注意。

それとは別に夜遊びしてる方なら知っているかもしれませんが、
テキーラガールがいます…お皿の上にテキーラの1ショットを並べ
妖艶なボディーとお触りで1ショットをせがんで来る女の子達です。
その葛藤が良いのですが…(笑
断れば執拗に迫って来るわけではありませんが、
誘惑に負けてしまい、オーダーすると1杯300バーツかかりますのでご注意。
かなり自分好みな方がおり10杯オーダーするという惨敗記録も持っております。


これとは別にテーブルチャージとして、フルーツの盛り合わせ250Bが付きます。
お高くついてしまいますが、ビール1本でも入場は可能です。
タイ料理やスナック、日本のお寿司などもありますので食事もできます。

 PIMP2
私の場合はウィスキーのブラックラベルは飲み飽きてしまったので、
最近はウォッカのグレイグースがお気に入りです。
また、シーシャ(水タバコ)が650B。
他のシャンパンやスパークリングワインが以下の価格です、
PIMP5
日本での夜遊びはあまりしたことないのですが、
価格としてはこのぐらいなのでしょうか?
前に飲んだ時は舌が庶民のせいか、
そこまで美味しいものと感じはしませんでした…。


女の子のショーは撮影禁止ということで、
ダンスとショーの合間に歌ってくれているバンドのヴォーカルの方の写真!
よく見かけるので顔なじみにはなっております、需要あるかわかりませんが…(笑
このように音楽も楽しめるお店であります。
IMG_0054
客層としてはタイ人のお金持ってそうなおじ様グループ
明らかにボンボンだと分かる様なタイ人ぼっちゃま。
日本人の駐在員やファランの方々のグループといった感じですが、
そこにいつも1人で飛びこみ楽しんでおります。
基本ドレスコードはありませんが、
Tシャツ、短パン、サンダルで行くとちょっと浮いてしまうかもしれません。

バンコク中心部からタクシーで80Bぐらいです。
木曜の夜には私も出没している事も多いのでお姉ちゃんに囲まれて
飲んでいる日本人っぽい巨漢デブがいましたらお気軽にお声かけください!
また初めて1人で行きたいけどタイ語分からないし…という方!
飲み仲間になって一緒に行きましょう!


The PIMP @Club Bangkok
+66 87 360 3666
Pracha Uthit, Wang Thonglang, Wang Thonglang Bangkok 10310
Facebook; https://www.facebook.com/ThePimpBangkok
営業時間; 21:00-3:00
支払い方法;Visa,American Express, Mastercard,現金払い